乳児湿疹から赤ちゃんを守ろう!~原因に合わせた対策を~

親子

特に多い症状

親子

乳児湿疹は赤ちゃんの体質などでも現れやすい症状があります。生後間もない乳児は新生児ニキビが出来やすく、汗をかくことが原因で現れるあせもは多くの乳児に見られる症状です。

» もっと詳しく

体質による皮膚炎

赤ちゃん

アトピー性皮膚炎は乳児湿疹の中でも対策やケアが難しいものです。アレルゲンに反応して症状がひどくなってしまうので、生活環境を清潔に保てるようにすることが大切にです。

» もっと詳しく

保湿の重要性

赤ちゃん

赤ちゃんの肌はデリケートで、特に乾燥に弱く乳児湿疹の悪化にもつながってしまいます。適切な保湿ケアをしてあげることで、肌のバリア機能をしっかりと守ることが可能です。

» もっと詳しく

おすすめ関連サイト

  • 株式会社 西松屋チェーン

    機能性の高いベビーシューズなら、こちらから手に入れることが可能になっています。商品が気になるのなら、サイトを見てみよう。

赤ちゃんに多い症状

赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人と比べると免疫力がなく、ちょっとした刺激でも体調を崩してしまう恐れがあります。皮膚もデリケートで、肌を守る機能が十分でない赤ちゃんは乳児湿疹と呼ばれる症状が現れやすいことが知られています。乳児湿疹と言ってもその原因はいくつか考えられるので、症状によって適切なケアをしてあげることが大切です。原因をしっておくことで対策を立てることが可能になりますし、もし乳児湿疹になってしまった場合にもすぐにケアしてあげることが可能です。自分で身を守ることが出来ない赤ちゃんのために、保護者である方がしっかりと体調を管理してあげると良いでしょう。

赤ちゃんに多い乳児湿疹は、ある程度の処置をしておけば2歳前後に落ち着くことがほとんどです。しかし、原因を取り除いてあげなければいつまでも治らないというケースも考えられます。また、かぶれがひどい場合には成長しても跡が残ってしまう可能性も考えられるでしょう。乳児湿疹を正しくケアしてあげるためには、原因に対する対策を立てて、正しい処置方法を知っておく必要があると言えます。もちろん小児科など専門の病院を受診して完全な治癒をするのも大切ですが、家庭でもできる予防方法や治療があるので、我が子の健康を守りたい方はしっかりと知識を身につけておくと良いでしょう。乳児湿疹の予防やケアに効果のあるグッズを揃えておくのも悪くありません。デリケートな赤ちゃんの肌を守ってあげるために、乳児湿疹の原因や予防法、治療法に関することをしっかりと身につけましょう。