乳児湿疹から赤ちゃんを守ろう!~原因に合わせた対策を~

赤ちゃん

体質による皮膚炎

赤ちゃん

アトピー性皮膚炎を患っている人は世界中にいます。これは先天性の免疫不全である原因に加え、遺伝などが考えられますが、詳しく調べるには病院で検査を受ける必要があります。乳児湿疹のひとつとしても挙げられるアトピー性皮膚炎ですが、原因となるアレルゲンを生活の中から取り除いてあげなければ、完全に治癒できないどころか更にひどい症状を引き起こしてしまう可能性もあるのです。皮膚を刺激するアレルゲンはホコリや動物の毛、ダニなどが考えられ、これは丁寧な掃除などで取り除くことが可能です。最近ではハウスダストを除去するための掃除機など様々なアイテムがあるので、それらを利用して清潔な環境を整えることが大切です。食物にアレルギー反応がある場合は、病院で検査をし、反応する食材を取り除いた食事を用意することが必要になります。ミルクにアレルギー反応を示すこともありますが、アレルギー専用のものなども販売されています。

アトピー性皮膚炎は乳児湿疹の中でも治療が難しいものです。症状の重さには個人差がありますが、生活に気を遣ってあげる必要があります。原因となるアレルゲンにも個人差があり、それらに対する対策がしっかりしていれば徐々に症状は落ち着くことがほとんどです。また、成長するに連れて症状が改善されるケースがほとんどなので、乳児にアトピー性皮膚炎の症状が現われたら、症状が悪化しないようなケアを続けることが大切です。原因がわからないときはホコリなどが溜まらないよう自宅の掃除を徹底する他、肌に刺激を与えるようなことを控えると良いでしょう。痒がっている場合はなるべく掻かないように見てあげて、患部に保湿ケアをしてあげることが望ましいと言えます。