乳児湿疹から赤ちゃんを守ろう!~原因に合わせた対策を~

赤ちゃん

特に多い症状

親子

乳児湿疹とはあせもや新生児ニキビなど、幼い赤ちゃん特有の皮膚病を総称したものを指します。乳児湿疹の原因はそれぞれで、元から肌が弱い子も居れば、アレルギーによって肌に炎症を起こしてしまうケースもあります。乳児湿疹は原因を排除することで症状を緩和、または改善することが可能なので、保護者である方はしっかりと症状を見極めることが大切です。新生児ニキビは生後間もない赤ちゃんに多く見られます。主に顔を中心に赤い吹き出物のようなものが現れて、ひどくなると顔全体が腫れてしまいます。皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こしていることが原因として考えられるので、顔を優しく拭いてあげたり、保湿ローションなど刺激の少ないアイテムを使用してケアしてあげると良いでしょう。赤ちゃんが自ら引っ掻いてしまったりすると悪化し、さらに腫れてしまうこともあるので、爪を切ったりしてあげることも大切です。

乳児湿疹の中でも多くの赤ちゃんに見られるあせもは、汗をかくことで皮膚が蒸れることが原因です。首回りや背中、またはオムツをしているお尻全体にポツポツの湿疹が現れるのが特徴ですが、これも新生児ニキビと同じように清潔な状態を保ってあげることで改善していきます。汗をかいていれば新しい服に着替えさせたり、またはこまめにオムツを交換して蒸れにくくしてあげるのも良いでしょう。オムツはとくに蒸れやすく、症状もひどくなってしまうことがほとんどです。痛がってオムツを嫌がったりする赤ちゃんもいます。お風呂に入れてあげるのも大切ですが、あまりに頻繁に入れすぎるとこれも肌への刺激になり兼ねないので注意すると良いでしょう。